防水工事

■ 建物を守り、資産価値を高める防水工事

防水工事の中で最もメジャーなウレタン防水や耐水・耐食・耐候性に優れたFRP防水を中心に防水工事を承っています。
外壁にはもちろんのこと、ビルの屋上やベランダ、外階段なども忘れてはいけません。劣化状態に気付かず、何年も放置してしまうと、コンクリートから雨水が浸み込み、雨漏りに発展することも……。

大きな工事が必要となる前に防水処置をきちんと行うことが大切です。

■ 多様な防水工事にご対応! 各工事の特徴をご紹介

○ウレタン塗膜防水

液体状のウレタンを施工面に塗布し、防水層を形成する施工方法。
凹凸がある屋上などにも施工可能で汎用性が高く、比較的安価なため、現在では国内で半数近くのシェアを占めています。

緩衝シートやFRP防水など、他の防水材料と組み合わせることもできるため、性能面・意匠面でも豊富なバリエーションへの展開が可能。下地の種類や状態によって密着工法や通気緩衝工法などを使い分けることで、あらゆるシーンに対応できる柔軟性の高さも魅力です。

●耐久年数: 10年前後
●おすすめ施工箇所: すべて

○FRP防水

FRPは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の略称で、耐久性の高さと、乾くのが早くて工期も短いという特徴から、近年急速に需要が伸びている防水工事です。
成形性が良いことからさまざまな場所に施工することが可能。
木造住宅にも適しているため、木造住宅の多い日本でよく採用されています。

●耐久年数: 10年前後
●おすすめ施工箇所: ベランダ

○シート防水

塩ビシート防水とは、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを、下地に貼り付けて防水膜を形成する工法のことを指します。

シート同士のジョイント部分を熱風で溶かして一体化。
塩ビシート防水は耐候性に優れますが、つなぎ目部分はデリケート。
施工不良があってはその隙間から雨水侵入を許してしまうことがあるため、確実で丁寧な施工技術が要されます。

●耐久年数: 13年前後
●おすすめ施工場所: 屋上

○ゴムシート防水

ゴムシートを用いた防水は伸縮性が高く、高い耐候性を発揮。
コストも安く、目立ちにくい箇所の防水や応急処置に向いています。
軽量なため、木造建築の施工にもおすすめ。
上に保護層として塗装材を厚塗りすれば、歩行も可能です。

●耐久年数: 13年前後
●おすすめ施工場所: 屋上

◯その他防水工事

当社ではこれらの工法以外にも幅広く防水工事を承っております。施工箇所に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、どうぞご安心ください。

一覧ページに戻る