防食工事

■ 長く強靭なコンクリートであるために

強靭なコンクリートも、実は意外と早く劣化していくもの。
防食工事を施すことで、硫酸等の原因によるコンクリートの劣化や腐食物質の浸透を防止します。

防食工事では、事前に現地調査を行い、コンクリートの劣化状態を把握。耐久性、耐酸性、耐薬品性など施工箇所に最適な塗料を選定し、高い機能を持った強固な塗膜でをしっかりとコンクリートを保護していきます。

化学工場やプラント施設、貯水槽などあらゆる場所の防食工事を承ります。まずはお気軽にお問い合わせください。

■ このような場所への防食工事がおすすめです

□化学工場
□薬品工場
□食品工場
□メッキ工場
□各種プラント施設
□クリーンルーム
□上下水道処理施設
□廃液処理施設
□理科系研究室
□各種薬液タンク
□貯水槽 など

■ FRP防蝕ライニング工法をご紹介

FRP防蝕ライニング工法は地球や人にやさしい工法。低臭・低飛散・低刺激といった特徴があります。
安全性が高いため食品貯蔵庫や食品を扱う工場床などにも用いられています。

一覧ページに戻る